2022年度ピティナコンペティションとピティナステップ

来年の春に発表会が決まり、まだまだ先の予定なので、これから先にモチベーションを上げるために、コンペティション、コンクール、グレード、に関わらず次へのチャレンジをしていきます。

今年はピティナコンペティションやピティナステップの課題に取り組む方も多くて、曲選びにすごく迷います。

発表会では、華やかな曲、かっこいい曲が皆さん弾きたい!と思うイメージで選んだりしていますが、この半年で古典物をしっかり勉強したり、タッチの見直しするにはいいきっかけだとおもいます。

あえて苦手な時代のものにチャレンジするのも、新たな発見ができたり、練習の仕方も見直せたり、よいところも沢山あるので、いいかもしれないな。と最近のレッスンでは思います。

普段のレッスンに向けて、ではなく、人前でひく緊張感は楽しいものですし、成長できると思います。頑張っていきましょう!

新年度レッスン

こんにちは。辻堂元町、ミュージックドルチェです。

4月が始まりました。街で行き交う人達も新たな年度の始まりを迎え、華やかに新鮮に見えます。

ミュージックドルチェの生徒さんも皆さん一つ上の学年、または社会人へ。それぞれの新生活、新年度がはじまりますね。

4月は新しい環境に慣れる為に、皆さん少しソワソワ、忙しく、落ち着かない日々だと、おもいます。ピアノの練習をとる時間も難しいこともでてくると思いますが、それぞれ皆さんの様子をみて、進めていこうと思います。

4月より、新しい生徒さんも数名増えます。私も気持ちを晴れやかに、レッスンに来た生徒さんが楽しかったな。と思えるレッスンを目指して、がんばりたいと思います。

今年度も音楽を楽しみ、勉強し、心ゆたかに。♪

皆様もどうぞ、春を楽しまれてくださいね!

ミスをなくす練習とは

こんにちは。辻堂元町ミュージックドルチェの田中美穂です。

先日、生徒さんから、ものすごく練習したけれど、同じ箇所がどうしても、まちがえてしまう。と相談がありました。

楽しく弾いていてもいつも同じ箇所でとまってしまう。しっくりきませんよね。

私なりにアドバイスしてみました。間違えるには理由があるとおもいます。ただ沢山弾けば上手くなるか。そうでもなくて、何度も同じ箇所を間違えながら練習でするのは間違えること。がとっても上手になってしまうと思います。と。

まずは。。。

基本姿勢はどうか?指の向きなど支点がずれてないか?体に力がはいりすぎてないか?苦手な音の形のどの音が弾きにくいのか。

色々な角度かみて、それをチェックしながら何度も反復練習をして、どう音が変わるか。耳を最大限に使って集中して、ききながら反復練習。はずさなくなったら音色を徐々につけて、さいごに気持ちや呼吸をつけてみる。それではずさなければ、できあがり。

次の日もまたはずしてしまうこともあるけれど、10個あったミスが少しずつ減っていくのを樂しんで。といいました。

ミスをすることは良くないこと。ではなく、練習の仕方が悪いところ、と思って指導しています。よくある質問なので、書いてみましたが、それよりも心から音を樂しんで、奏でる。それができていれば多少の間違えなどは、普段のレッスンでは問題なし。と思いながらミスだけに焦点をあてたレッスンにならないように心がけたいものです!

の生徒募集

これからピアノを始めたい方。体験レッスンににいらしてみませんか?このホームページのお問い合わせ欄からメールで募集しております。お気軽にお問い合わせください。

寒い日々

辻堂元町ミュージックドルチェの田中です。

また、コロナ第六波が流行っています、

当お教室もしっかり、感染対策してまいりたいとおもいます。

発表会が終わり、ご褒美曲として、多彩なジャンルから好きな曲を選んでレッスンしています。普段のレッスン本からではない曲、雰囲気にワクワクして皆さんさらってくれています。

燃え尽き症候群、ではないですが、ひとつの目標が終わるとだらっとしてしまう、気合いがはいらない。ことも多いので、好きなジャンルを弾いたり、グレードなどにチャレンジしてもよいですね。

また新しい目標を設定して、励んでいきたいと思います。レッスンする上でこれからどうしたらよいか迷われたときはどんどん相談してください。

では、今週も楽しい音楽ライフが送れるよう過ごしてまいります。♪

新学期

生徒のほとんどの皆さんが新学期が始まり、また慌ただしく忙しい生活がはじまりましたね。

生徒の皆さんと新年の挨拶をしたあと、お正月はどうだった?ときくと、楽しい思い出を話してくれます(^o^)

色々体験して、色々な思い出を作って、生き生きした笑顔をみると、こちらも嬉しくなります。

心に残った思い出、景色が音楽にも反映してもらえたらな。なんて期待もしてしまいます。

先日、関東でもめずらしく、雪がつもりました。季節を感じ、音を表現する、イメージする。ということもレッスンでは取り入れています。

寒い北風の音、雪がしんしんと降る音、氷がキラッと光る音、今しか体験できないようなことをイメージして音にする。

さあ、今日も楽しんで音活したいとおもいます。

今日からレッスンスタート

昨日は外が真っ白になるほど、雪がつもりました。今朝はあちこち凍っています。今日からレッスンスタート。

レッスン開始までには、雪も溶けてくると思いますが、足元にはきをつけて、午前中はすごしたいですね。

今日から新年のレッスンスタートです。

生徒さんの久々の笑顔に会えるのが楽しみです。気持ちも新たに頑張りたいと思います!

ピアノに触れて

辻堂のミュージックドルチェ、田中美穂です。

発表会が終わり、身の回りのことが全然できていなかったので、少しピアノから離れ、家の掃除、断捨離、花の植え替えなど、してみました。

スーッとしました。

いらないものが、削ぎ落とされるような気持ちになり、久しぶりに生徒さんにお会いし、レッスン開始です。

新しい気持ち。新しい曲、新しい音色。

やはり、ピアノは楽しいなあ。と思いながら、レッスンさせてもらっています。

コロナも少しおさまっているようですし、美術館や音楽会などに足を運び、新鮮な空気を取り入れて、感性を養いたいと思います。

発表会を終えて

皆様こんにちは。

辻堂元町ミュージックドルチェ田中美穂です。

先日、無事発表会を終え、なんともいえない達成感と快放感に包まれております。生徒の皆さんも同じでいてくれたらいいな。と思います。

今年は色々考えましたが、思い切って、全員集まってのプログラム。長時間ではありましたが、小さい生徒さんから大きなお姉様まで、それぞれの音楽を聴きあい、印象に残ること、これからの目標になったこと、色々な感想がもてて、よかったな。と思っております。

一人ひとり、毎日努力して、自分なりの心の全を全部演奏に注ぎ込んでの舞台となりました。

本当に皆えらかったなー。感無量の気持ちで聴かせてもらいました。

また、新しい気持ちで、成長してほしいと思います。私も皆さんに負けぬよう、日々努力!いろんな感性、景色、作品に触れて心を磨いていきたいと思います。

生徒さん達にいただいたお花。良い香りで癒やされます。ありがとうございました。

いよいよ発表会

こんにちは。辻堂元町ミュージックドルチェ田中美穂です。

生徒さんたちの発表会に向けての最後の追い込みレッスン。心の面も整えて、自分の演奏に打ち込めるよう、まとめていきたいと思います。

どうか、皆さん成功しますように。

さいごの追い込み

発表会まで残すところ、あと、数回のレッスンになってきました。日々、生徒さんたちも気持ちも乗ってきているようで、張り切ってレッスンしています。

皆さんの成長が見えて、とても嬉しいです。

ふつうに集まることができない日々が続いていますが、発表会でも、きちんと感染対策はとりながら、生徒さんの努力が実になる場にするべく、準備に頑張りたいと思います。